1. HOME
  2. 取組紹介一覧
  3. 焼却炉で生み出されるエネルギーを利活用

焼却炉で生み出されるエネルギーを利活用

環境省は2021年度から、二酸化炭素(CO2)の排出を50年までに実質ゼロにすることを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言した自治体への支援を強化。本プロジェクトでは、地域の多様な廃棄物の処理を独自性ある焼却炉発電プラント技術により生み出される電気と熱のエネルギーをIoT技術によって地域の需要家にて利活用するコミュニティである「エコビレッジ」を構築し、北陸より全国に本事業モデルを将来的に展開します。

石川県、北陸2大学、北陸地域企業1社、日本総合研究所(5機関)

 

取組紹介一覧