powered by Google  


2022.12.6 up

   北陸先端科学技術大学院大学 『自然との共感・共生国際シンポジウム』の開催について

  北陸先端科学技術大学院大学では 12月12日・13日に以下の要領で『自然との共感・共生国際シンポジウム』をハイブリッド 開催することになりましたのでご案内差し上げます。 本シンポジウムは自然界のサイレントボイスに焦点を当て、最先端センシングデバイス研究に 加えて、自然災害のリモートセンシング、かおりを介した植物間コミュニケーション、自然界 の情報伝達機構、感性デザインなどにもスコープを広げたプログラム内容となっております。 師走の大変ご多忙の折ではございますが、もしお時間がありましたらぜひご参加をいただきたく ご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします。またご関心を持っていただけそうなお知り合い の方にご転送をいただけましたら幸甚に存じます。 詳細およびご登録は以下のリンクをご参照ください。
参加は無料です。
 ⇒詳細・申込み:https://forms.gle/dByuGn2s4kDziWgV8   (申込〆切:令和4年12月8日(木))
皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

令和4年12月12日(月)9:20 〜 16:35
       13日(火)9:50 〜 17:00

会  場

石川ハイテク交流センター(石川県能美市旭台2−1)
及びオンライン
※ハイブリッド開催(要:参加申込)

主 催

エクセレントコア「サイレントボイスセンシング国際研究拠点」

共 催

未来創造イノベーション推進本部「自然との共感・共生テクノロジー研究センター」

プログラム

■第1部 1日目:12月12日(月)
9:20  開会挨拶

9:30  一般講演:
  「原子層材料によるサイレントボイスセンシング」
    水田 博(本学 サスティナブルイノベーション研究領域 教授)

10:00 プレナリー講演:
  「シチズンサイエンスで解き明かす雷の謎」
        榎戸 輝揚 先生(京都大学大学院理学研究科 准教授)

10:45 (休憩)

11:00 一般講演:
  「合成開口レーダによる建物域のマルチスケール洪水検出モデルの検討」
        郷右近 英臣(本学 創造社会デザイン研究領域 准教授)

11:30 招待講演:
  「洪水と地震脆弱性を考慮したミャンマーヤンゴンの都市成長予測モデル」
        竹内 渉 先生(東京大学生産技術研究所 教授)

12:10 (昼休み)

13:10 特別講演:
  「人間情報学に基づく五感情報通信技術」
         鵜木 祐史(本学 人間情報学研究領域 教授)

13:50 一般講演:
  「RICCA: Rebirth of PCR technology for the Next Pandemic」
        Manish Biyani(本学 サイレントボイスセンシング国際研究拠点 特任教授)

14:20 招待講演:
  「Inkjet printing: A key technique for flexiblemicro patterns and
  biosensor applications」
        Mau Chien Dang 先生
        (Prof. Dr. Habil., President of Institute Council,
        Institute for Nanotechnology, VNUHCM)

15:00 (休憩)

15:15 一般講演:
  「イオニクスにおける触覚センサ材料」
        長尾 祐樹(本学 物質化学フロンティア研究領域 教授)

15:45 招待講演:
  「Multifunctional Role of Polymer-based Photomemory Transistors for
 Sensing Applications」
      Yu-Cheng Chiu 先生
        (Assistant Professor, Department of Chemical Engineering, National
      Taiwan University of Science and Technology )

16:25 1日目閉会挨拶

 

■2日目:12月13日(火)
9:50 2日目開会挨拶

9:55 プレナリー講演:
  「揮発性物質(匂い)を介した植物間コミュニケーション」
    塩尻 かおり 先生 (龍谷大学農学部 教授) 

10:40 特別講演:
  「Science-based Urban Design & Population Health」
    Javad Koohsari(本学 創造社会デザイン研究領域 准教授)

11:20 (休憩)

11:30 一般講演:
  「Beyond Graphene: TMDC 2D materials for advanced sensing and
  information processing」
    Afsal Kareekunnan(本学 サスティナブルイノベーション研究領域 特任助教)

12:00 (昼休み)

13:00 一般講演:
  「ACロックイン法による量子・ナノデバイスの測定」
        赤堀 誠志(本学 ナノマテリアルテクノロジーセンター 准教授)

13:30 招待講演:
  「自然・生物に学ぶ情報処理手法の量子・ナノデバイスへの実装検討」
        大矢 剛嗣 先生(横浜国立大学大学院工学研究院 准教授)

■第1部クロージング
14:10 写真撮影・第1部閉会挨拶

■第2部(学内限定)
14:30 ポスター発表(グループA)

15:30 ポスター発表(グループB)

■第2部クロージング
16:30 表彰・閉会挨拶

5.使用言語:日本語、英語

6.詳細・申込み:https://forms.gle/dByuGn2s4kDziWgV8
(申込期限:令和4年12月8日(木))

チラシ