powered by Google  
トップページへ 財団概要 調査研究事業 R&D推進・研究助成事業 プロジェクト支援事業 普及啓発事業 北陸グリーン電力基金
調査研究事業
  財団自主調査    日本自転車等機械工業振興補助事業    電源地域振興指導事業

    財団自主調査

【各調査の詳細】 事業一覧に戻る
    「北陸地域の製造業における中小企業の現状と課題」に関する調査及び研究

1)事業年度

    平成26年度


2)調査概要

  北陸には、企業経営や技術力において実力のある中小企業が数多く存在する。本調査研究では、いわゆる「元気な」中小企業は、どのような経営方針、設備投資、研究体制、人材育成、産学官金連携、補助金制度の活用を行っているか等を調査分析し、その結果を取りまとめた。

<報告書の概要>

・製造業の概況
県別の産業構成、付加価値額など統計データを分析して北陸地域における製造業の特徴を示した。北陸地域における域内生産に占める製造業比率は全国よりも高い。県別では富山で高く、石川は卸売・小売業やサービス業、福井は電気業の比率が高い。

・アンケート調査とヒアリング
北陸3県に本社を有する製造業中小企業を対象に、経営課題、新たな事業分野への展開、企業間連携、雇用や人材の確保・育成、公的機関等による支援策についてアンケートを実施した。また、優れた製造業の中小企業の中から、21社(内、北陸16社)を選定し、ヒアリング訪問取材を行い、各企業における課題への取り組み等を聴取した。

・企業が事業を継続していくには
データ分析、アンケート調査、ヒアリングの結果から、製造業の中小企業が事業を継続していく上で必要なことは、「時代を先読みし、果敢に先手を打つこと」、「自社の強みを正確に把握し、それを活かせるような生き残り策を考えること」、「周辺の協力企業も巻き込んで、集積を活かす形での生き残り策を模索すること」である。

 

A.検討委員会

開催日 開催場所
第1回 平成26年8月11日(月) 金沢市 ホテル日航金沢
第2回 平成26年10月8日(水) 金沢市 金沢都ホテル
第3回 平成26年12月9日(火) 金沢市 金沢都ホテル
第4回 平成27年2月24日(火) 金沢市 金沢都ホテル

 



◆関連行事
   平成26年度調査事業「北陸地域の製造業における中小企業の現状と課題」調査報告会(平成27年6月2日)