powered by Google  


プロジェクト支援事業
北陸地域の産業の活性化に関するプロジェクトに必要なコンサルティング及び支援を行う事業です。
    工作機械企業のデジタル化支援事業(経済産業省委託事業)
経済産業省の委託事業にて採択され、実施した事業です。

    2018年度 地域中核企業創出・支援事業

「北陸地域における先端ものづくり産業の国際競争力強化事業の創出」が採択され、工作機械企業を中心に研究会を立上げ、工場内、工場間の IoT・AI導入促進に向け北陸地域の工作機械を中心とした製造業のIoT化・AI導入をはじめとしたデジタル化を支援しました。
本事業の一環として、「北陸地域における工作機械を中心とした産業高度化連携支援計画」を提出し、総務大臣、経済産業大臣より承認を受け、24の支援機関が産学官金で連携し、支援していく体制を構築しました(期間は2022年度までの5ヶ年)。

中部経済産業局電力・ガス事業北陸支局へリンク 

「課題解決のためのIoT・AI活用ガイド」について
本事業で作成した「課題解決のためのIoT・AI活用ガイド」は中部経済産業局電力・ガス事業北陸支局のサイトに掲載されています。こちら (中部経済産業局電力・ガス事業北陸支局にリンクします)
からご覧ください。


    2019年度 地域中核企業ローカルイノベーション支援事業

「工作機械産業におけるCPS(Cyber Physical System)導入による競争力強化」が採択され、デジタルモデルによる仮想的な試作・検証の導入により、生産性向上や新事業創出に向けた取組みを実施しました。本事業の一環として、「デジタルモデル開発研修」を実施し、CAE 等のエンジニアリングツールを使用したモデルの作成、シミュレーションによる仮想的な検証・解析を体験する機会を提供しました。


    2020年度 地域企業イノベーション支援事業

「モデルベースシミュレーション技術の向上による競争力強化」が採択され、工作機械の基本要素を対象に、デジタルモデルの構築とともに、モデルによるシミュレーションと実機の挙動合わせ込みに必要なノウハウ獲得を目的としたワークショップを実施しました。